家に鳩を寄せ付けない対策をしよう|被害を拡大させない為に

このエントリーをはてなブックマークに追加

焦らず状況確認

ハチの巣

もしハチの巣を見つけたとき、焦ってしまう方も多いでしょう。しかし、駆除をするためには焦らずに落ち着くことも大切です。何の種類のハチのものか、大きさはどれくらいなのかを確認し、対応することが必要となります。

Read More

個人で害獣対策を考えた時

鼠

ネズミの駆除は個人でもできないわけではなく、そのためのグッズも多数そろえられています。種類や用途、料金もさまざまで、その環境にあったグッズを利用する必要があります。また、無理な場合には業者依頼も検討しましょう。

Read More

専門業者に依頼する

鳩

鳩は平和の象徴とされていますが、様々な被害を及ぼすので自宅に住みついてしまった場合は早めに駆除をする必要があります。また、自分で駆除することは難しいので専門業者に依頼をしてしっかりと対策をしてもらうようにしましょう。

Read More

寄せ付けない工夫

作業員

飛来させない

一般の野鳥と同様、傷病鳥として行政が鳩の保護に乗り出すのは難しく、また、鳥獣保護法によって駆除・退治することもできず、対策としては鳩避けとなる防御のみです。糞のトラブルのみならず、巣や産卵などのトラブルも報告されており、捕獲するのではなく各自治体の環境局への連絡を行うこともポイントです。アドバイスを受けることも可能で、近年、マンションや一戸建ての住宅にも被害があり、対策として鳩が止まり木となる場所にスパイクを設置する方法が定着しています。外壁などとの違和感をなくすため、ステンレスや樹脂製、針状や棒状などの種類があり、置くだけの手軽さが評価されています。施工場所としてはベランダの手すりやエアコンの室外機、軒先や屋上などの鳩の降り立ちにくさを考えながら設置するだけで効果的で、他の野鳥のトラブルも回避できます。専門業者もあるため、積極的に利用しましょう。

様々な方法

アレルギーの原因に鳩が挙げられ、病原菌や糞に含まれる物質に反応し、アレルギー症状を起こす子供や高齢者もいるほどです。基本的に鳩は2羽や群れで生活を行う習性があり、駆除・退治を行ったものの、生活しやすい拠点であることは群れ全体で判断されています。そのため、他の縄張りからも飛来するなど、いたちごっこになりやすい難点があります。工夫として、専門家による調査で適切な対策を取ることです。例えば、静電気程度の微弱電流による対策で飛来を防止できます。冬場に発生する静電気程度の痛みであれば、人への危害に配慮できます。また糞のトラブルに見舞われる場合、巣作りの場所として偵察されている可能性も大きいため、糞除去清掃を業者に依頼することがポイントです。衛生面を含め、巣作りの場所に不向きとなる対策も同時に可能です。